ぱぶじー

それはまるで全てから解放されるようでした。

この記事を書き始めた時点で38hプレイしている。近年購入したSteamゲーにしてはこれは異質なほど長い時間だ。あのFUELですら23hなのだから。
僕が始めたのは最初期からではなくて、しばらく時間がたってからだった。ドン勝ドン勝とTwitterで流れてくるのを見ながら、僕はMastodon界隈の話だと思ってたんだ。そしてドン勝の読み方だけど、いまだにドンショウだ。これをパッと見てドンカツとは呼べなかったし、僕の頭の中にある日本語体系ではドンショウとしか読めないのである。
あまり買う気はなかったんだけど、友人が買ったのをみてとりあえず買ってみることに。ゲーム内容はなんとなく知っていた程度で始めて、操作にも慣れずに、でも良い選択を考えながらやってたのを覚えている。
「たぶん(山の)上の方が有利だし先に登っとこうぜ」とか「ここなんも(遮蔽物が)ないし糞弱くね?w」とか。
なんか久しぶりにゲームしてるなーって感じで楽しかった。1人でもやってるけど、複数人でやるときが特に楽しい。次どこ行くかとかアイテム分け合ったりして話すのが楽しい。
ソロでドンショウするのはわりと経ってからだった。どういう内容だったかはもう覚えてないけど、勝った時に心拍数がとても上がってたことは覚えている。いや、人数が少なくなってきて、1人1人と倒していくうちにどんどん上がっていったんだ。そして勝った時はそれがすべて解放されるようだった。回してた頭と集中力と気力がいっぺんにだ。自分が無敵かと思ったよ。そして冷静に考えてみれば、戦わなければ無敵だったんだ。そう、ぱぶじーはそういうゲームだ。

P.S.
最近はいきなり撃たれた瞬間に体が跳ねるようになってしまって体に良くない感じがする。