3月のポケモン

もうすぐポケットモンスターウルトラサンムーンが発売になります。ポケモンバトルやってみたいと思って、2ヵ月ぐらい前から始めました。ポケモンシリーズはダイヤモンドパールぶり。とりあえずその時の最新作のムーンから始めました。

ポケモンサンムーン

まずは普通にプレイする。久しぶりのポケモンだったけど、なんか難しくなってる気がする。今作はいわゆるジム戦というものがなくて、ぬしポケモンとかいうのがいてそいつがなかなか強い。出てくるのは普通のポケモンなんだけど、ステータスが上がってて普通に強い。あとは今作は野生のポケモンが仲間を呼ぶっていうシステムがあって、呼ばれたら1vs2の状況になるんだ。大抵は呼ばれた方から倒して1vs1の状況にしようとするんだけど、仲間を呼ぶのは通常の行動に+して呼ぶから毎ターン呼ばれて、処理しても追いつかなくなる。

1vs1 ⇒ 行動&仲間を呼ぶ ⇒ 1vs2 ⇒ 1匹処理 ⇒ 1vs1 ⇒ 行動&仲間を呼ぶ ⇒ 1vs2 ...

という感じ。まあ毎ターン呼ぶとは限らないのと、呼んでも現れない時もあるので、なんとかなるけど、普通に大変だった。あとは、これはぬしポケモンだけじゃなくて、通常の野良ポケモンの時も仲間呼びはあるんだけど、仲間を呼ばれて1vs2の状況だとモンスターボールを投げれないんだ。だから片方は処理する必要があるんだけど、処理してもまた呼ばれてっていう上で書いたループになって非常にテンポが悪い。どのゲームでもそうだけどテンポというのは非常に大切で、とても大切なんだ。ここだけはなんとかならないかなぁと思いました。

あとはライバルがけっこう強い。ポケモンリーグへ挑戦する前に対戦する機会があるんだけど、普通に負けた。
あと、これは前作(オメガルビーアルファサファイア)をプレイしたときもそうだったけど、がくしゅうそうちの効率が非常に良い。普通にずる。ストーリーを進めるだけならずっとつけておいたほうが良い。気づいたのがわりと終盤になってからだったので、難しく感じたのはそれもあるかもしれない。

厳選と育成の話

ポケモンバトル勢になるためには、パーティーを揃えるのはもちろんだけど、厳選と育成を行わないといけない。要素はいろいろあるんだけど、基本として2要素あるんだ。個体値努力値。僕はその辺のことを全然知らなかったので、一から勉強した。努力値は振ればいいから育成の話になる。個体値は捕まえる時と孵化するときにわかるので厳選の話になる。思っていたよりも楽に厳選できる気がする。めんどくささは否めないけど、意外ととっつきやすい気がしてる。孵化厳選の場合は高個体値メタモンを用意しておけばそれほど大変じゃない。捕まえる時の厳選は、大抵は伝説系のポケモンなんだけど、個体値を引き上げるシステムが用意されているので、そんなにつらいという感じではない。100Lvにしないといけないので、それがめんどくさいんだけどね。

あとは性格。ポケモンって性格で能力値に補正がかかるんだ。望む性格のポケモンを捕まえたりするために、シンクロの特性をもつポケモンを用意するんだけど、それが僕の初めての厳選作業だった。サンムーンに出てくるシンクロ特性を持つポケモンはケーシィがいるんだけど、体感としては2億匹ぐらい捕まえた。実は孵化厳選の方が効率がよかったことに気づいたのは割とあとになってからだった。

厳選と育成の要素はほかにもたくさんあって、めざめるパワーとかたまご技とか夢特性とか。

殿堂入りしたあとにしばらくは厳選とか育成とかしてたんだけど、ポケモンは1作だとすべてのポケモンを捕まえることは基本的にできない。僕はアルファサファイアを始めたんだ。

疲れてきた。。。

ポケモンアルファサファイア

ハルカちゃんがかわいいからやったほうがいい。男で始めろ。

ポケモンウルトラサンムーン

ポケモンバトルには種類とルールがあって、僕がやろうとしているのはダブルバトル(VGC2018)。要するにダブルバトルの公式大会ルール。まだ正式には発表されてないと思うけど、サンムーンorウルトラサンムーンで捕まえるor孵化したポケモンしか使えないようなので、過去作からもってきて使えるポケモンはタマゴ孵化ができるポケモンになる。伝説系のポケモンは基本的にタマゴを作れない。だから今作で過去作で出てきた伝説系のポケモンが入手できるようになるみたい。アルファサファイアで伝説系の厳選を始めようとしていた時に知ったのでよかったです。

構築

ダブルバトルの話になる。ポケモンバトルにも構築とかメタの話がある。パーティー6匹と技構成、もちもの、能力値など。僕はとりあえず雨パという構築を組もうと思う。いわゆるスタンダートと呼ばれる構築も存在するんだけど、やることがわかりやすい構築の方がとっつきやすいと思うから雨パにする。今のところは誰かの構築を見ながらといった感じ。自分1人で構築を組むには圧倒的に経験値不足。ウルトラサンムーン環境でメタも変わるかもしれないし、まだしばらくはいろいろ見て知る期間だと思う。

ポケットモンスター

1年に一度は見るアニメ

ソードアートオンライン

やっぱりバーチャルリアリティに惹かれるし、MMOっていう舞台にも惹かれるし、ラブコメ要素もめっちゃ好き。最近やっと原作を読みだしてる。今年は映画も公開されたし、アニメもまだ続くんだっけ?

氷菓

最近また見直してる。京アニの絵はやっぱりいいし、話も普通に面白い。そのうち原作も読みたいな。
舞台が高山なんだけど、普通に行きたい。平湯温泉に行く回があるんだけど、そこも行きたい。土が好きになるアニメ。

SHIROBAKO

大事なことをたくさん教えてくれる。それでいて絵も可愛いし台詞も可愛い。一話一話細かく丁寧につくってあって、ただそれでもテンポは全く崩れない。最高のアニメ。

彗星のガルガンティア

1話と2話が最高。完全に世界へ引き込まれる。でも大抵途中で力尽きるから全部見たのは1回だけ。

打ち上げ花火

俺は良かったと思うよ。評価が分かれるのはもちろんあると思うし、合わない人も多いとは思うけど、ちょっと酷く言われ過ぎな感もある。
ちなみにだけど、俺は新房昭之の作風とかシャフトの作画が好きなわけじゃないし、そういうのだけが問題点でもないのかも。ただ独特なのは変わらないし人を選ぶ感は否めないね。音楽は良かったよ。

メアリ

おもんなくもないけど、おもんなかったよ。ジブリの匂いはプンプンしました。まるで進研ゼミのような。

銀魂

普通におもしろい。買い。

ポケモン

普通に良かったよ。アニメ版とは世界線が異なるみたい。君に決める話じゃなくて、君に決めてからの話です。最近ポケモンがやりたいです。大会の動画とかみてるととっても深そうで楽しそうです。でもそこへ至るのが大変なのでなんとも入りづらい世界というイメージです。秋に新作が出るみたいだから買いたいな。普通にやるでもいいし。

ドラゴンクエスト

やる人、見る人。

僕はe-sportsが好きだ。高校生の頃にStarCraft2に出会ってe-sportsというものを知って、それまでさんざん悪とされてきた大好きなゲーム達が認められている世界に魅了された。スタクラは結局続かなかったけど、FPSで勝手にe-sportsを感じていた。そうやってゲームをする事を正当化しないといけなかった。たぶん自分でもゲームをする事に負い目を感じていたんだ。そうやってずっとゲームを続けていた。FPSとかLoLとかをね。勉強だって興味のあることならきっと楽しい。知らないことを知ること、わからなかったことがわかること、たぶん世界を広げるなら勉強の方がいいんだ。でもゲームのほうが好きだった。ゲームをするために僕はe-sportsに頼っていたんだ。ちゃんとゲームをしなくなったのは働くことを考えるようになってからだ。それまでは僕はe-sportsをやる人だったと思う。

e-sportsをやらなくなっても、大好きなゲーム達が認められている世界は応援したくて、僕は見る人になったんだ。やりもするけどあくまで遊びとしてのゲームだ。仕事もあるし、これからは反応速度や動体視力は衰える一方だしそれでいいと思ってた。

先日ある記事を見て、初めてCS:GOの大会を真面目に見た。CS系はちょっとだけやったことがあるけど、海外の大会を真面目に見るのは初めてだった。見るの楽しかったんだ。LoLのプロシーンはなるべく追いかけてて、プロ達の事はわりと知っていたけど、CS:GOのプロシーンを調べるのは初めてだった。驚いたのが彼らの年齢だ。それまで僕が想像していた年齢よりも遥かに上だった。25歳を越えた人達がごろごろいるし、30歳近い人達も普通にいる。歴史の長いゲームだし、元CS1.6をやってたプロ達が今CS:GOをやってるとしたらそのぐらいの年齢なんだけど、調べて改めて気付いたんだ。僕はもう一度やる人になってみたいと思ったよ。

このやる気がいつまで持つかはわからないし、仕事もあるから本当にちゃんとやるのは無理だと思うけど、もう年齢の事を言い訳にするのは止めようと思うよ。見てるだけだとやっぱり消化不十分だ。いつか大会で勝ってヘッドセットを机に叩きつけてガッツポーズすることを夢みてたけど、いいんだ。僕は野良ゲームでガッツポーズするよ。好きなものを純粋に楽しむんだ。僕らはe-sportsおじさんだ。

追記

そんなわけで最近CS:GOをちょっとずつやってます。昨日やっとMM10戦終わって初めて配属されました。MasterGuardianⅠでした。とりあえずクリアリングが雑というか知識不足を何とかしないといけないのと、マップによっては頭の中で作れないぐらい覚えてない。あとは投げものも買って投げれるようにしないといけない。soloMMがもうすでにつらいので一緒にやってくれる人募集です。休みの日ぐらいしかできませんが。

みんなのゴルフ

通勤中、座席の前にみんなで並んで立つ。以前、目の前に座ってた人が降りるらしかったので、一歩下がったんだ。そのすきに隣で並んで立ってた人にスッと座られてしまったことがある。おっまじか、そこは俺が予約してた席なのに。。。
まあ、そんな予約はしてないからなにも言えないんだけど。
今日も前に座ってた人が降りるらしかったので、一歩下がった。隣に並んで立ってた人達はその空いた席に僕を座らせてくれた。ありがとう、英文法勉強中の学生と、ぽっちゃりぎみのお姉さん、感謝します。

よく見たら古漢文法だった。働き始めてずいぶん目が悪くなったと思う。
自分が座れたときはもちろん嬉しいけど、譲ってくれた?彼らが座れたときもちょっと嬉しい。

カオスソルジャー

これが5年前の、ちょうど高校を卒業するころの性格診断的な奴。

エゴグラムによるあなたの性格診断結果

性格
人生を余り愉快には、生きて居ないように見受けられるタイプです。心情的にはかなり冷たい方で、物事を心から楽しむような無邪気さや、心のゆとりと云うものが、非常に欠けているタイプです。いかなる場合でも、冷静さを失わず、燃える事の極度に少ない性格です。何時も何処かに、虚無的な影の差しているタイプで、情よりも理屈が常に先行する。合理主義万能崇拝のセミ・ニヒリストです。

恋愛・結婚
結婚やセックスを、観念的な祭り事の一種として捉える傾向の強いタイプなので、感情移入がスムーズに行かない危険性が高いのです。体は楽しんで居ても、心は冷え切ったままと云う状態を招き易く、恋愛関係の内は適当に誤魔化せても、永い結婚生活に於いては、配偶者との不協和音を、どうする事も出来なくなるでしょう。そうならない為の対策方法は唯一つ、貴方自身の心が現在よりも、もっともっと温かいものに変り、心にゆとりを持って、趣味や娯楽を忘我の境地で楽しめるような、巾の広い人間に生まれ変る事です。

職業適性
職業によって性格を改造して行くと云う趣旨から云えば、農業、酪農業、林業、園芸業、漁業などのように、大自然や動・植物を相手にして行くような仕事が望ましいのですが、そう云う趣旨や願望を抜きにして考えた場合、現時点に於ける性格構成から見て、比較的適応性が有ると思える職業は、図書館司書、速記者、エンジニア、オペレーター、コンピュータ技術者などや、それに類する職種のように、高い記憶力や計算力、分析力などは要するけれども、そこには複雑な人間関係の余り介在しない、云うなれば人間不在の職業が、無難で有ると云う事です。

対人関係
周囲の人々に対して、常に温かい目を向けるように努力する事が、先ず第一でしょう。こちらが冷たい目を向ければ、相手も冷たい目を向けて来るのが、物の道理だからです。第二には、貴方の性格を、もっと根明(ねあか)なものに改造して行く事が、目下の急務だと思います。

これが最近やったやつ

エゴグラムによるあなたの性格診断結果

性格
バランス感覚の優れた性格です。世渡りの名人と云った風が有り、万事に波風を立てない術を心得て居ると云うべきでしょう。合理的で冷静な分析判断に長けて居り、人間としての面白味に欠ける点が有ると云えばあるかもしれません。貴方の場合には、羽目を外す必要の有る場合でも、良く考えて見ると馬鹿馬鹿しくなって、諧謔(おどけ)たり、イイ子ぶったり、居丈高になったり、と云う芸を見せられないタイプなのです。言わばそれが、貴方の長所でも有れば、短所でも有る訳で、一時、流行語になった「役者やのう…」と云う言葉には、殆ど縁の無いタイプと云う事になります。

恋愛・結婚
恋人や配偶者を選ぶ場合、先ず自分と相手の釣り合いを第一に考えるタイプです。環境の釣り合い、性格の釣り合い、容姿の釣り合い、を慎重に考えて是非を決めるでしょう。そういう様な訳ですから結婚の失敗は、比較的少ないタイプです。結婚後は当分の間、甘さと優しさを先ず前面に押し出して行く方が良いでしょう。

職業適性
一般的な職業には何にでも適性が有ります。警察官、刑務官、カウンセラー、宗教家、等特殊な仕事には向いていません。又、芸能、芸術、文芸などの分野についても、はてな?、と首を傾けざるを得ないような所が有ります。とにかく、一般的で常識的な職業に、最も適性のある事は疑い有りません。

対人関係
特別な注意を払わなくても円滑な人間関係を保って行く事には、不自由を感じないタイプです。但し、それはあくまでも、極く一般的な乾いた人間関係を作り、持続して行く為の、と云う注釈付で有って、それ以上の深い人間関係については、むしろ苦手とするタイプかも知れません。云うなれば、演歌や浪花節に出て来るような人間関係には、余り縁の無いタイプなのです。

たぶん結果はやる毎に変わってくるんだろうけど、この5年でちょっとは生きやすくなったのかもしれない。本質的な性格は変わらないものだと思ってたけど、ちょっとは変わるのかもしれない、周りの環境にもよるだろうし。もちろん光も闇も抱える。両方抱えて、僕らは戦うんだ。